img_01

はたして賃貸を借り続ける方が得なのか

結婚をし子供も生まれ、ある程度の年齢になると考えるのが、一生に一度の大きな買い物である「家の購入」。


昔から「賃貸」と「持ち家」は、どちらが得かで議論されているが、最終的に自分のものになる持ち家の方がお得感が高いというのが世間一般の意見のようだ。ちなみに、とある大学の先生が書いた本によると、賃貸には「引越代」「敷金・礼金」「更新料」、持ち家には「固定資産税」「修繕費」「火災保険料」などといったものが月々の支払い以外にかかり、それら余分にかかる分を考慮した上で35年という期間で計算すると、“金額”による大きな差は無いらしい。

細かい説明は省くが、35年より短いと賃貸、35年より長いと持ち家の方がお得になるのだそうだ。

そんなことを考えている我が家は現在、賃貸マンション暮らし。


3LDKというファミリータイプのため家賃が一気に跳ね上がり、それに駐車場料金も加わるので、かなりの額になる。
近所の新築マンションや郊外の新築戸建を購入した方が、月々の支払いが現在の家賃よりも数万円は安い。

さて、月々の支払いだけを見ると、ローンで持ち家を購入した方がお得に思える。


だが、とある先生の言うように、最終的な総支払い金額にそんなに差がないのであれば、生活サイクルに合わせて賃貸を住み替える方が、かなり豊かな暮らしができるのではないだろうか?自分が購入できる持ち家となると、便利な都心近くは無理。

つまり、ちょっと不便な郊外ということになる。

都心から離れるため、その分、通勤時間や交通費が余計にかかってしまう。
しかし賃貸ならば、便利な都心近くに住めなくもない。しかも、子供が独立すれば広い家は必要ではなくなるため、都心のもっと便利な地域に安い家賃で住むことも可能だ。

何より賃貸には、面倒になったらすぐに引っ越しできるという利点もある。マンションの場合は足音などの騒音問題があり、下の階に住む人が極度の神経質だった場合、本当に大変だ。


戸建の場合も同様で、近隣の家との相性問題がある。
子供がストーカー被害や学校でのイジメに遭うということも考えられるし……。
そのような場合、持ち家だとそう簡単に引越すことはできないが、賃貸だったらすぐに転居することができる。家が自分のものになるというのは確かに一つの魅力ではあるが、便利で豊かでストレスの無い生活というのも、また大きな魅力。


結局のところ、「賃貸」と「持ち家」のどちらが得かは金銭面だけでは計ることができず、その人の心持ち次第。

http://www13.plala.or.jp/sound-planner/
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E5%80%9F%E5%AE%B6
http://www.zennichi-okinawa.jp/

目的に応じた江戸川区の賃貸のことならお任せください。

天満橋で賃貸の情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

東京の注文住宅の情報がいっぱい詰まったサイトです。

本町で賃貸のマニアックな情報をお届けします。

心斎橋で賃貸のお得情報を用意いたしました。